簡単知育

2歳から使える!初めてのはさみ

こんにちは、えだまめです。

子どもっていつからハサミを使えるようになるんですかね?

実は、えだまめ家では、2歳2か月から始めちゃいました!

ソラマメ
ソラマメ
まだ早いし、危ないんじゃない?どうせ幼稚園や保育園で習うんだから・・・
えだまめ
えだまめ

しっかり付き添ってやろう!

指先遊びにもなるし、指の力がすごくついたよ!

指先の力がつくと、スプーンやフォークの3点持ち、お箸の移行、鉛筆の正しい持ち方がスムーズにできるようになるよ!

初めてのはさみのおすすめはコレ!

チャレンジ しまじろうのはさみ

私は、チャレンジから出ているしまじろうのはさみを買いました!


えだまめ
えだまめ

色もイエローグリーン、ピンク、ブルーがあり、左利き用もあるよ!

しまじろうのはさみの長所

・はさみの先端を覆うカバーがついている

・刃先の先端が丸いので安全性がある

・ステンレス製なのでしっかりと切れる

えだまめ
えだまめ
ステンレス製の切れにくいはさみは安全性が高いですが、

切るのにコツがいるため、

飽きてしまったり面白くないと感じたりするお子さんもいるかもしれません。

 

そして、なんといっても、

ハサミを立てて使うために、ハサミに△の目印がついてるんです!!!

(((Amazonより画像引用))

えだまめ
えだまめ

はさみを立てて使って!と教えるのって意外と言葉のチョイスが難しく、的確でないのよね・・・

そんなときに、「この△のマークを上にしよう(or見えるように)」と声かけするだけでもだいぶ違いました。

 

テキストはどんなものを使った?

公文から出ているこの本を買いました!

Amazonでなんと、583円!!(2019年7月現在)

「2,3歳から さいしょのきってみよう」


この本の前半のページでは、はさみで1,2回切るような感じ

中間では、1直線で切るようなもの

後半では、何ヵ所かに分けて切るようなものがありました。

(いづれも動物や食べ物、乗り物のイラストが描かれてあります)

えだまめ
えだまめ

初めてはさみを使うときは、

いきなり一直線にはなかなか上手く切れないんですよね!

なので、チラシなどのいらない紙を利用して好きなように切らせてあげたりもしていました。

我が子も、チラシを適当に切りたいときと、

このテキストを使って切りたいときとその日の気分がありました。

ちなみに、テキストを使って製作したのがこちら。

「紙を切ることで、〇〇が完成したね!」

など、はさみを楽しく使用する声かけもしていました。

えだまめ
えだまめ

そして、なんだかんだ1ヶ月で1冊使い切りました!

(もったいないと感じる方は、もしご自宅にコピー機があれば、

そちらでコピーしてから使うのもおすすめします!)

 

正直、この教材の意図通りに切れないことも多々あったのですが、

絵柄を自由に切るのは楽しいらしく、楽しんでやっていました。

えだまめ
えだまめ
あんまりうるさく言わないようにしてましたが(多分)、

でたらめに切り始めたらチラシ等に変えると良いかも・・・

とは言え、

はさみデビューするならコレかな!と思える教材でもありました。

はさみは、毎日できるコスパ最高の知育!

はさみを使って紙を切るには、

利き手ではさみを動かし、反対の手で紙も動かさないといけません。

右手と左手で違う動きをするため、

最高の知育になるのではないかと思っています。

また、

はさみを使ってなにかを製作するのも楽しいのですが、

お子さんの気分によっては、

ただ自分の好きな方向に切りたいというときもあるかと思います。

そういうときは、紙を厚紙にしてはいかがでしょうか?

厚紙を切ることによって、指先の力がより鍛えられます

指先遊びは賢くなることで有名ですが、

前述の通り、これから先の箸の持ち方や鉛筆の持ち方にも影響が出てくるため、

幼児期の遊びの1つとして、積極的に活用することをおすすめいたします!

 

 

ABOUT ME
えだまめ
えだまめ
3歳の子をワンオペ中。知育やおうち英語、セール情報などが好き。ママの暮らしが豊かになる情報を発信中。